四日市萬古焼総合卸商社

株式会社 三陶

四日市市三ツ谷5-10 TEL 059-331-1266 FAX 059-332-0688
ホームプライバシーポリシー
器
株式会社 三陶
〒510-0802 四日市市三ツ谷5-10
TEL 059-331-1266 FAX 059-332-0688

Q&Aコーナー

Page:
2020/05/12
【素材について】
素材の違い ①
 

意外と知られていない各種素材の特徴を、比較しやすいようにまとめてみました。

【磁器】
「石由来の原料を主成分とし、透光性があり、吸水性が無い」ことが定義となります。
強度があるので薄く作ることができ、耐久性が高いのが特徴です。
ただし、熱衝撃に対しては弱い一面があります。
普段使いの食器に適した素材です。
 <主な産地> 
   美濃焼、瀬戸焼、有田焼、波佐見焼など
 <使い方>
   〇 食洗機、電子レンジ
   △ オーブン(ものによります)
   ✕ 直火



【半磁器】
磁器と陶器の中間の性質をもち、土味(温かみ)がありつつも、釉薬の発色が良いのが特徴です。
熱衝撃に比較的強く、業務用オーブンでも使用可能。
吸水性があるので、釉薬部に貫入が入ることもあります。
萬古焼では、オーブンウェアの素材としても積極的に使用されています。
 <主な産地>
   萬古焼、瀬戸焼など
 <使い方>
   〇 食洗機、電子レンジ、オーブン
   ✕ 直火



【陶器】
土由来の原料を主成分としています。
温かみがある反面、強度が弱いので厚く作られることが多いのが特徴です。
使用していく中で色合いが変わっていき、味わいが出てきます。
吸水性があるので、釉薬部に貫入が入ることもあります。
萬古焼では、食器用に用いるほか、土鍋などの【耐熱陶器】も作っています。
 <主な産地>
   萬古焼、伊賀焼、信楽焼、益子焼、萩焼など
 <使い方>
   〇 電子レンジ
   △ 食洗機(ものによります)
   ✕ 直火、オーブン



【炻器(せっき)】
陶器の一種ですが、吸水性がほとんど無いのが特徴です。
その特徴を活かし、急須など、液体を入れる器の素材として使われることが多いです。
反面、磁器と同様に、熱衝撃に弱い一面があります。
萬古焼では、【紫泥(しでい)】と呼ばれる、独特な紫褐色の急須や器を作っています。
 <主な産地>
   萬古焼、常滑焼など
 <使い方>
   〇 電子レンジ
   △ 食洗機(ものによります)
   ✕ 直火、オーブン