四日市萬古焼総合卸商社

株式会社 三陶

四日市市三ツ谷5-10 TEL 059-331-1266 FAX 059-332-0688
ホームプライバシーポリシー
器
株式会社 三陶
〒510-0802 四日市市三ツ谷5-10
TEL 059-331-1266 FAX 059-332-0688

Q&Aコーナー

Page:
2020/05/09
【土鍋の良さって何?】
陶器ならではの加熱パワー 『遠赤外線効果』
 
陶器は、加熱すると遠赤外線を発しやすい物質です。
金属類と比較しても、3~4倍の放出量があることが知られています。
したがって、土鍋は遠赤外線効果を得られやすい調理器と言えます。

ところで、
遠赤外線効果が得られると、具体的にどうメリットがあるのでしょうか?
そのギモンに答えます。


鍋を火にかけると、当然、火炎からの熱を鍋が受け取ります。
鍋が受け取った熱は、鍋底から鍋の内部へと伝搬していきます。
これは、【伝熱】と呼ばれる熱の伝わり方です。
そのあと熱は、お湯であったり、水蒸気であったり、液体や気体を通じて鍋内部全体に伝わっていきます。
これは、【対流】と呼ばれる熱の伝わり方です。
これだけですと、
何だかんだで、火炎に近い鍋底の食材にばかり熱が渡ってしまいます。
この結果、食材が焦げ付きやすくなります。


これが土鍋の場合、
火炎からの熱を土鍋が受け取った結果、【伝熱】のみならず、
光のエネルギー(遠赤外線)に変換して、土鍋内部の食材に熱を渡そうとします。
これは、【輻射(ふくしゃ)】と呼ばれる熱の伝わり方で、これこそが『遠赤外線効果』です。

遠赤外線効果により、土鍋内の食材は、鍋の側面や蓋などあらゆる方向から熱を受け取れますので、
食材がまんべんなく加熱されるという利点があります。
(ちなみに、まんべんなく加熱できるのは、土鍋の高い『蓄熱性』も寄与しています)

蒸し野菜や、ミルフィーユ鍋のような蒸し焼き料理、
あるいは、焼き芋のようなお料理で特に効果を発揮してくれます。